ポリタンク・ポリ容器を20リットルから50000リットルまで幅広くラインナップ

サイト内検索検索

会社案内

企業理念
「常にお客様の視点に立ち、技術の向上に努め、“さらなる満足”を提供し、“地域社会”と“環境”に貢献する。」

会社概要

会社名 スイコー株式会社
会社設立 1963年9月5日
資本金 4,800万円
代表者 代表取締役社長 横山隆人
社員数 123名 (平成27年4月 現在)
売上高 3,050百万円 (平成27年8月末決算)
事業内容 回転成形法によるポリエチレン製品の各種容器の製造販売
納入先 農林・酪農・水産関係
食品加工関係
化学薬品・染色関係
プラント関係
上下水道処理施設関係
大学関係
病院関係
仕入先 三井化学、住友商事ケミカル、岩谷産業、旭有機材工業、ほか
取引銀行 三菱東京UFJ銀行
近畿大阪銀行
グループ会社 東北スイコー株式会社 (昭和53年11月設立)
北海道スイコー株式会社 (昭和49年7月設立)
沿革
1963年9月
資本金300万円、大阪市北区茶屋町に創設。プール、浄化装置の販売を業とする。
1967年1月
回転成形品の製造・販売開始。尼崎市築地本町にエンゲルプロセスによる回転成形の尼崎工場を完成。
1970年8月
滋賀県栗東市に栗東工場新設。
1972年5月
東京営業所を開設、関東・甲信越地区の販売強化を図る。
1974年2月
第5回目増資、 現資本金の4,800万円となる。
1989年1月
熊本に九州営業所を開設、九州地区の販売強化を図る。
1994年6月
熊本県大津町に熊本工場・九州営業所を移転し、設備を増強
1998年2月
滋賀県甲賀市に水口工場新設(現 滋賀第1工場)。大型タンクを主体とした供給体制を図る。
2000年1月
スイコー株式会社に社名変更。
2001年5月
本社・尼崎工場並びに配送センターを統合、尼崎市西向島町に新社屋・工場完成。
2005年4月
名古屋営業所を開設。中京、北陸地区の販売強化を図る。
2006年6月
滋賀県甲賀市に滋賀第2工場新設。日本最大級の炉式回転成形機を導入。
2008年2月
社章を変更。
2008年9月
滋賀工場・熊本工場にショールーム開設。
2009年9月
本社4階にショールーム開設。
2010年9月
広域認定制度を取得 スイコーリサイクルシステムを運用開始
2010年12月
東京営業所を移転、ショールーム併設(自社ビル取得)
2011年9月
国内最大の補強枠無しタンク(LA-30000)を開発
2012年8月
滋賀第2工場に東棟を新設
2012年8月
世界初の回転成型品加工用ロボットを開発導入
2013年1月
デザインブランド arietta(アリエッタ)を立ち上げ
ISO
2000年7月
全事業所 9001 認証取得
導入成形機
大型炉式成形機
4台
炉式成形機
5台
直火式成形機
62台
加工ロボットシステム
1台
ページ先頭へ